コムネット株式会社 先輩社員からのメッセージ<メンテナンス部>

2013年入社 甲南大学 知能情報学部卒 コムネット株式会社 メンテナンス部 吉村裕史:作業内容と結果について、お客様に
納得していただける説明をする

仕事内容を教えてください。

コムネット株式会社 メンテナンス部 吉村裕史

難しい機械や、新しく機械が増えることもあるので社内での勉強会や、海外研修に行って技術力の向上を目指しています。

レーザー加工機の設置先を訪問して修理、点検、納品を行っています。

それぞれ内容は異なりますが、最終的に『機械を良い状態で使っていただけるよう調整する』という点では共通しています。
他部署の方とも連携を取りながら、特に営業部員とはお互いお客様と直接お会いするので密に連絡を取り合い、お客様が安心できるよう冒頭のようなアフターサポートをしていきます。

お客様はレーザー加工機を仕事に使われている方がほとんどなので、早く精確にできるよう工夫をしながら仕事をしています。

仕事のやりがいや難しさは? どんな時にやりがいを感じますか?

コムネット株式会社 メンテナンス部 吉村裕史

私の場合、自分の知識に不安があれば、先輩に相談するなどして事前準備を徹底するようにしています。

不具合のある機械が直った時や、点検をして機械の能力が上がった時にお客様に喜んでいただけるとやりがいを感じます。

特に今まで直した経験の無い不具合であれば、スキルアップを感じることができるので達成感もあります。

反対に、どうしても当日中に直らない場合や、お客様の求める精度が出ないようなこともあります。その時はしっかり説明して納得していただかないといけませんし、そのようなことがないよう日々の経験を蓄積して、部品や工具を入念に準備して訪問する必要があります。

オフの過ごし方は?

夏はバイクでツーリングに、冬はスノーボードに行っています。
社内にもやっている人がいるので、一緒にツーリングしたり、ボード旅行が開催されることがあります。
根はインドアなので、何も無い日は積極的に寝ています。

未来の後輩へのメッセージ

新卒というのは強い武器になります。即戦力ではなくゼロからのスタートです。私は理工学部ではなく情報系の学部を卒業したので、工具の名前や使い方をゼロから学んでいきました。それができたのは、技術職をやりたい気持ちは常に持っていたからです。
文系だからあの業界に・・・。接客系のバイトしかしたことがないからこの職種は避けよう・・・。と視野を狭めず、就職活動を通してやりたいことに向けて挑戦してみてください。

コムネット株式会社の新卒採用へのエントリーはこちらから。

2018年卒業予定の学生のみなさんへ

100年企業を目指すコムネット。
話題の日本初のものづくり工房「Maker's」も運営。
その中心になっている、当社自慢のレーザー加工機を日本国中に広げよう。

ハードウェア販売事業、ソフトウェア開発事業で企業、学校、アートの世界で貢献し続けている当社!
レーザー加工機販売においては、国内トップクラスの販売台数を誇っています(年間約280台)。

イタリア、台湾、ドイツなど海外から高評価のレーザー加工機を輸入し、国内での総販売元として看板、印章、印刷、石材、木工、アパレルなどの業界や、大学、高校といった学校関係など、多種多様な業界への販売、保守、アドバイザーとして実績を高めています!

また、基幹システム開発やプラグインソフトウェア開発においては、自動車、家電、オフィス機器、通信機器業界など、絶大なる評価をいただき、日本の製造業をソフトとハードの両面から徹底サポートしています!

3年に一度の新卒採用の当社に、前回入社した8名も順調に成長☆
後輩ができることを楽しみにしています。

理念である「全てはお客さまのために」の実践と、頼もしい先輩社員と共に成長し、
我々と「100年企業」を創り上げていきませんか?