コムネット株式会社 先輩社員からのメッセージ<レーザー販売営業>

レーザー加工機の提案で、あらゆる業界の「ものづくり」をサポート

レーザー営業部係長

新卒1期生、2期生の3人が語る「コムネット」の魅力

サポート万全だから、安心して成長できる。自由に任せてもらえるから、のびのびと活躍できる。
そんなコムネットの仕事の魅力について、先輩の若手営業3人に語ってもらいました!

◆大西 優作 [西日本営業部] 2008年入社 経済学部卒
◆藤田 大祐 [西日本営業部] 2007年入社 経営学部卒
◆鄭 匯海 [東日本営業部] 2007年入社 国際文化学部卒

幅広い業界にニーズがある、「レーザー加工機」の魅力

レーザー営業部:大西係長

「当社の中で新入社員の立場に一番近いのは私。その視点を少しでも採用活動に活かせたらと思い、2013年度の採用リーダーに自ら立候補しました!」 by大西

■皆さんの入社動機は?

大西:まず魅力を感じたのが、レーザー加工機という製品の面白さですね。熱に反応するものなら何でも切ったり彫ったり絵を描いたりできる、そんな珍しい機械を扱っている商社は他になく、また当社はその分野で国内トップシェアを誇っているという点にも惹かれました。

藤田:私は小さい頃からものづくりが好きだったので、就活でも何かものづくりに携わることができる仕事を探していたところ、レーザー加工機という面白い機械を扱っている当社に出会いました。また、一次面接から社長と話すことが出来たのですが、とても話しやすく親しみやすい人柄に魅力を感じたのも入社の決め手になりましたね。

鄭:私はレーザーという先端技術を用いた機器で様々な分野のものづくりを支えているという事業内容にとても魅力を感じました。また、当社は私の出身地である中国・北京に子会社があり海外展開も進めています。いずれは母国に帰って活躍したいと思っていた私にとって、そこも大きなポイントでした。

お客様の多彩なニーズに応え、喜んでいただくやりがい

レーザー営業部:藤田係長

「カスタマーサポート部やメンテナンス部など、他部署のバックアップ体制も万全なので、営業にとっては非常に力が発揮しやすい環境だと思いますよ」 by藤田

■レーザー販売営業ってどんな仕事?

藤田:お客様を訪問し、レーザー加工機の提案を行っています。私たちのお客様は、個人のお客様から大手企業まで幅広く、またその業界も多岐にわたっています。中でも特に多いのは、サイン・ディスプレイ業界や印刷業界、アパレル業界、木工業界、技術系の高校・大学などですね。営業担当はそれぞれ自分の担当エリアを持っており、私は大阪と九州全域を任されています。

大西:私は兵庫県と中四国地域。当社では、基本的に入社2年目からは一人でエリアを訪問します。基本的に飛び込み営業はなく、お客様からの問い合わせに対して訪問するスタイルです。展示会でご案内させていただいたお客様、ホームページを見てご連絡いただいたお客様に対する提案がほとんどですね。

鄭:私は東北全域と栃木と埼玉と東京の一部を担当しています。私たちの扱うレーザー加工機は、幅広い業種のものづくりに使われる機械なので、お客様によって提案内容も千差万別。まずはお客様のニーズや用途を詳しくお聞きし、最適な機器を提案していくことが営業の役割です。

チームの連携、サポート体制など、一人ひとりが成長しやすい環境

鄭係長

「気さくな上司ばかりなので相談もしやすいですし、いろんな営業ノウハウを惜しみなく教えてくれるのでとても勉強になります」 by鄭

■仕事のやりがいや難しさは?

大西:製品を納品したとき、レーザー加工機の凄さを目の当たりにしたお客様が、本来の用途以外に「こういうのも作れるな」と夢を膨らませている様子を見ると、私もうれしくなりますね。。

藤田:当社では入社2年目から担当エリアを持ち、責任ある仕事を任せてもらえます。入社5年目の私も、今は営業の仕事以外に営業企画の仕事も任せてもらっています。このように自分次第で仕事の幅が広げられるところが、やりがいですね。

鄭:お客様からいただいた要望に基づいて、社内で加工テストを行うのですが、素材や切る厚さなどを微調整して要望通りに仕上げるのが結構大変なんですよ。何度も試行錯誤しながらテスト加工をするのですが、慣れるまでは難しかったですね。でも苦労した分、求められている精度に見合う結果が出せて、お客様に満足していただけたときの達成感は格別です。

藤田:お客様の業種が多岐にわたっているので、未知の素材を扱うことも多いんですよ。そのたびに新しいことに挑戦しなければならないところが大変といえは大変ですね。

大西:それに、加工素材に関しては圧倒的にお客様の方が知識がありますからね。こちらは加工機のプロとしてお客様に提案しなければならないので、常に勉強する努力は必要です。

■これからの目標は?

藤田:当社はレーザー加工機の販売以外に、ソフトウェア開発事業も行っているのが強み。これからは、お客様が抱えている課題に対して、当社の持つハードとソフトのノウハウを組み合わせて幅広い提案ができるようになりたいと思っています。

鄭:私も、レーザー加工機だけでなくソフトウェアも含めた幅広い提案ができるよう成長したいです。また、いつかは当社オリジナルのレーザーを開発して中国など海外向けに販売し、グローバル展開を進めていきたいという大きな夢も持っています。

大西:今までは私が社内で一番年次が低かったのですが、これからは後輩ができるので彼らに尊敬してもらえるような先輩になりたいです。また、自分が新入社員のときを思い出し、教育体制や育成への取り組みなど、そのときに感じたことを活かして、誰でも無理なく成長できるよう研修やマニュアルの整備に力を入れていきたいですね。

学生の皆さんへメッセージ

会社プロフィール

レーザー加工機って何だろう?という人も、まずは実際に当社の製品を見てください。テレビ番組でも紹介された当社の製品とその技術に、きっと魅力を感じるはずです!

■レーザー販売営業ってどんな仕事?

藤田:コムネットは社員のやりたいことを自由にやらせてくれる会社。また、ものづくりの考えが根底にある会社なので、ものづくりが好きで、やりたいことをカタチにしたいという方にはきっと面白いはず。また当社には尊敬できるベテラン営業の上司がたくさんいます。社長も元トップセールスでしたし、そういう方々からいろいろと教わることができるので確実に成長できますよ。

大西:様々な地域で様々なお客様との出会いがあります。お客様のお仕事やご要望に沿ったご提案をするために、日々奔走する毎日です。ここでは、皆さんが社会を生き抜くために必要な人間力が間違いなく身につくと思います。私自身も大学の同窓生と比較しても、自分の方が成長してきたんだという自信を持っています。仕事を通じて自分を成長させたいと思っている人にはお勧めです。

鄭:いろんな業界のお客様と接するので、お客様からも様々なことを学ぶことができ、幅広い知識が身につくと思います。また、企画立案も自由にさせてもらえるので、多彩な経験を積みながら早く成長できます。入社1~2年ですぐベテランと呼ばれる営業になりたいと思う方は、ぜひうちに来てください。

コムネット株式会社の新卒採用へのエントリーはこちらから。

2018年卒業予定の学生のみなさんへ

100年企業を目指すコムネット。
話題の日本初のものづくり工房「Maker's」も運営。
その中心になっている、当社自慢のレーザー加工機を日本国中に広げよう。

ハードウェア販売事業、ソフトウェア開発事業で企業、学校、アートの世界で貢献し続けている当社!
レーザー加工機販売においては、国内トップクラスの販売台数を誇っています(年間約280台)。

イタリア、台湾、ドイツなど海外から高評価のレーザー加工機を輸入し、国内での総販売元として看板、印章、印刷、石材、木工、アパレルなどの業界や、大学、高校といった学校関係など、多種多様な業界への販売、保守、アドバイザーとして実績を高めています!

また、基幹システム開発やプラグインソフトウェア開発においては、自動車、家電、オフィス機器、通信機器業界など、絶大なる評価をいただき、日本の製造業をソフトとハードの両面から徹底サポートしています!

3年に一度の新卒採用の当社に、前回入社した8名も順調に成長☆
後輩ができることを楽しみにしています。

理念である「全てはお客さまのために」の実践と、頼もしい先輩社員と共に成長し、
我々と「100年企業」を創り上げていきませんか?